アルコールやタバコを控える

股のにおいが気になっている場合にその原因となっているものがタバコや酒であるケースもありますが、喫煙している人は体臭がきついということやお酒を飲む人も何か体臭が強いイメージを持っている人は多いと思います。
タバコで体臭が強くなる原因になるのがタバコに含まれているニコチンと言う物質になりますが、ニコチンはアポクリン線を刺激する作用があるのでこれによってVライン周辺にあるアポクリン線が活発化して股のにおいに繋がっているというわけです。
さらにタバコを吸うことによって体温が下がりやすくなるというのは有名な話しとしてありますが、体温が低下するということはそれだけ基礎代謝が下がってしまうということでもあるのでこれによって質の悪い汗が多く排出されやすくなる特徴があります。
アルコールについてはアルコールのにおいが直接的に作用することで体臭をきつくしているのですが、タバコと違って少量であれば体の発汗作用を促してかえって体臭には効果的なこともあります。
股のにおいを少しでも抑えたいという場合はアルコールやタバコを控えることがポイントになってきますが、それぞれ嗜好品の中でも依存性の高いものであることから辞めることができるならとっくの昔に辞めているという人が多いと思います。
いずれの場合も股のにおいを改善する場合は症状に応じて対策を考えることが大切で、どのような理由でにおっているのか原因を知らないことには対策の施しようがありません。

関連ページ

脂質類の食事を抑える
脂質類を抑えることによって、股のにおいが軽減されるようです。脂質類と汗、においの関係について詳しく掲載しています。
野菜や海草類をたくさん食べてにおいを抑える
対策の一つとして、食生活を変え野菜や海草類を多く食べることがあります。食事の改善を図って汗の質を変えることが対策の一つです。
良質な睡眠を心がける
においが気になっていても、なかなか何が原因か特定できないものです。原因に対してきちんと合っている対策をすることによって臭いもかなり軽減することができます。
ストレスを溜めないようにする
日頃の生活から、知らず知らずのうちにストレスを溜めやすくなっていませんか?ストレス物質は体に蓄積されて、さまざまな悪影響を体にもたらします。
専用の石鹸やボディソープを使用する
におい対策で専用の石鹸やボディソープを使用することがあります。ただ、膣内まで洗浄してしまうとかえって良くないこともあるようですので十分気を付けましょう。
適度に運動をする
動をすることは基礎代謝を向上させて脂肪燃焼ができますので、肥満防止、体温の上昇、免疫機能を高めるなど様々な効果が期待できます。